銭湯レポ 〜その1・平安湯〜

  • 2012.08.27 Monday
  • 19:07
こばこのお風呂は狭く、シャワーしか使えないので銭湯をお勧めしています。
今日ご紹介するのは、こばこから徒歩約10分(自転車だと3分くらい)の平安湯さんです。
丸太町通りの錦林小を少し上がった右手にあります。



営業時間は午後3時〜午前1時まで、木曜定休です。
始めに料金(大人410円)を支払います。
フロントを抜け脱衣所に入ると…うん、銭湯らしい機能的で小奇麗な感じ。

早速頭と体を洗う!
ん?なんか見慣れないシャワーとカラン…
シャワーはつまみを90度くらい横にひねるとお湯が出てきた。
カランは赤と青の蛇口があって、前に押すとお湯・お水が出る。
もちろんお湯だけなら熱いので両方一緒に押して自分の好きな温度にするのね。

頭を洗ってたら突然、
「それ私のバケツやねん!」とおばちゃんが言ってきた。
はぁ?よく見ると洗面器じゃなくて普通のバケツを使ってた。個人のものだったの〜失礼しました。

やっぱり銭湯に来るのはおばちゃん、おばあちゃんばかり。
昔の人はお風呂が一家に1つあるわけじゃなかったし、町家がたくさん残ってる京都はなおさら、
銭湯もたくさん残ってる。そりゃ若い人は私だけだわ。

お風呂は薬湯(今日はラベンダーカモミール)、普通の湯、トルネードエステバス(1人用ジェットバス)、電気風呂、水風呂、サウナがあった。
備え付けのシャンプーやボディーソープはないので自分のを持って行くこと。

浴室とシャワー合わせて広さはだいたい6畳が3部屋分くらいかな〜?
意外とこじんまりしてるけど足は伸ばせるし深いところもあるから十分のんびりできた。

脱衣所に自動販売機もあったし、瓶のコーヒー牛乳とかラムネとか(懐かしい!)もおいてあった。
ドライヤーは3分20円。暑いし自転車だからこのまま自然乾燥で帰った。
冬は…きっとそれじゃ寒いだろうな。笑

お風呂入ったらすっかりおなかペコペコ!
今度、同じ通りにある「キャラバン」というゴハン屋さんを紹介します。安くてうまいらしいです!
コメント
コメントする